願いと想いと… 僕等の仲間たち

願いと想いと・・・ 金川 健太かねかわ けんた/代表取締役


  •  これが僕の願いと想いです。
    旧白根町で生まれ育ち、小学生の頃より始めたフィールドホッケー。
    中学校以降の各年代にてチームの主将をつとめさせていただいた経験から、自分がやらねばという責任感が身につきました。その想いは誰よりも強いと思っています。
    白根高等学校在学時には、山梨県勢初の全国大会優勝を含む、全国制覇を2度経験しました。
    夏のインターハイ優勝を果たした後、山梨に帰り、役場の前でバスを降りると、時の町長さんはじめ、沢山の町の方達が出迎えてくださいました。町を挙げて僕等のことを応援して下さっていた姿に、自分たちは凄いことをやったのだと思うと同時に「いつかは自分がこの町に恩返しをしたい」という気持ちが芽生えました。

  •  恩返しの手段として自分が選択したのは、指導者(学校の教員)としてここに帰ってくることでした。自分が出来るのはホッケーしかありませんでしたから、この地にホッケーというスポーツを根付かせたい。そしてその指導を通して将来ある後輩たち(子供達)がしっかりと自分の夢に向かって進んでいける強い気持ちを育てることができたら良いと考え、進学先も教員の道を選択できる早稲田大学人間科学部スポーツ科学科を選び、教員への道を志しました。
     しかし教員への道は厳しく、教員採用試験にパスする事が出来ませんでした。
    夢破れて就職先を探している時、父から県内のあるグループ企業を勧められ、どうせやるならとテレビアナウンサー試験を受験してしまいました。試験は意外にも順調に進みましたが、やはりその道を本気で目指す学生には勝てず不採用となった時、不思議と挫折感はなく、逆に就職活動も殆どせずにスポーツばかりに打ち込める環境を与えてくれた両親に感謝の気持ちが湧いてきました。

     そして次に、父からHondaグループはどうだと、東京のHonda販売店を紹介されました。もともと「会社を継ぐことは考えなくて良いから、自分のやりたいことをやれ」と言っていた父からHondaグループを紹介されたのは、とても驚きでした。今考えると父も相当心配していてくれたのだと思います。
  •  父の力添えによって内定はいただいたものの、どうしても教員への夢を捨てきれないでいました。そんな時偶然にも山梨県の中学校教員で、期間採用の枠があるという連絡を受けました。
    父には大変申し訳ない気持ちは持ちながらも、どうしても自分の夢を捨てられないと素直に話し、韮崎市立韮崎西中学校へ体育科の期間採用教諭として赴任。残念ながらホッケー部は無かったので、得意領域を活かせませんでしたが、沢山の生徒達や、とても良い同僚の先生方に囲まれて、毎日が楽しくて仕方ない一年を過ごすことが出来ました。やはり自分はこれがしたかったのだと…。
     しかし時を同じくして父の病状が悪化。
    救急車で搬送された山梨大学医学部附属病院にて、突然の余命宣告を受け、自分の人生に大きな転機が訪れました。
    偉大な父と比較されるのが目に見えていましたから、同じ職に就く(家業を継ぐ)ことは、出来れば避けたい。出来るだけ先延ばしにしたいと逃げていました。
    しかし一方で、父が一代で築き上げたこの会社を誰かにお願いする訳にもいかない。長男の責任として自分がやるしかないという気持ちがあり、これまで自由に育ててくれた父へのせめてもの恩返しだと、会社を継ぐことを決意しました。
    父は死をもって僕の退路を断つことを最後の仕事としたのかも知れません。
  •  そんな想いで会社に入社した僕は、最初から周囲に認めてもらおうと必死で努力を続けてきました。
    最初の数年は、とにかく台数を上げること。沢山車を売ることが自分を認めてもらえる唯一の手段だと考えて、父の代からのお客様を回りました。その際「お前の親父はこうだった」という話を嫌と言うほど聞かされ、やはり比較されているなと少々悲観的になる時もありました。
    しかし時が経つにつて、それもお客様が僕に期待してくれているから、当社に期待をしてくれているからと考えられるようになりました。  考え方が変わると、見えてくる景色が違ってきます。
    こうして当社を支えてくださっているお客さまに、会社として何かできることはないかと考えるようになりました。
    自分の強みはこの町で生まれ育ち、仕事を超えた部分でお付き合いをさせていただいている方がたくさんいることです。
    仕事だけのお付き合いでしたら、その場だけという割り切った対応になってしまいがちですが、地域の一員として考えるとそうはいきません。
    車をきっかけとして始まったお付き合いや、お付き合いから車を購入していただく方。どちらも大切にしたいですし、同じ地域に住む仲間として、この地域がもっと住みやすくなったら良いと思うようになりました。
    自分には何が出来るのかと考えながら仕事をしていると、次の転機がやってきました。
  •  結婚をして一人目の子供が生まれた時、所謂ママ友達が子供を連れていく場所がない。
    少しだけ子育ての手を休めて時間を過ごせる場所がないと話をしているのを聞いて、「これだ」と思いました。
    車の販売店は、立派なショールームを構えていますが、平日の昼間は殆ど来店客はありません。そこを有効活用すれば、お母さん達が少しでも楽しく子育てをするお手伝いができるのではないかと思いました。
    お母さんの子育てストレスが軽減することは、家族への接し方も変わってきます。
    家庭が楽しくなれば、子供達も真っ直ぐに育つのではないか。
    また、昨今希薄になっていると言われる地域の繋がりですが、この場所にきて一緒に楽しい時間を過ごしながら御母さん同士が繋がり、子育ての情報交換をしながら、地域ぐるみで子育てをしていける環境作りのお手伝いができたら、僕が考えていた地域への恩返しが形になるのではないかと考えて、これに取り組むことを決めました。
    その活動を支援してくださるNPO法人の方との大切な出会いもあり、現在まで約10年間順調に活動を継続しています。
    また、この活動を何故車屋である自分たちがするのかということについても考えました。独りよがりの活動にならないためには、社員にも分かってもらう必要があります。
  •  山梨県は公共交通が殆ど無いと言ってもおかしくない場所です。
    毎日の通勤や、買い物等には必ず車を使用します。
    それは子育て中のお母さんも一緒ですが、こと女性は車には詳しくないのが一般的だと思います。
    車の購入に対して決定権は持っているとしても、購入した後のメンテナンス等はお父さん任せという方は少なくありません。また、車のディーラーという場所には何故か敷居の高さを感じて、購入後は足を運び辛いという意見も聞かれました。
    お父さんは仕事をしている間は動くことが出来ませんから、その間に何かあったとしても対応が出来ない状態です。そんな時僕たちを呼んでくれるかどうか。それは普段から深いお付き合いをさせていただいているかどうかで違うのではないかと思います。

     その為に当社が足を運びやすい場所であること、そこで働く人の顔が見えることは重要なのだと思います。そして幸いにも当社の社員は揃って人の良い、優しい人間が揃っていますので、声さえかけてくれれば、直ぐに動ける。というのも強みの一つです。
    だからこそ当社がこの活動をすることに意義があり、車を通して地域に溶け込んでいくことに繋がっていると考えています。
  •  格好の良いことかも知れませんが、車屋という仕事を、ただお金儲けのための手段として使いたくないと思っています。何故なら僕たちは地域で顔の見える商売をさせていただいているから。ずっとこの地域に暮らしていく者として、短期的に売り上げだけを伸ばそうとする仕事では、地域の信頼を得ることは出来ないと考えているからです。
    ですからお客様のことを思い、時には「今買うべきではない」なんてアドバイスもしたりします。

     先代である父がこの地元で開業し、30年かけて得てきた信頼を更に強いものにしていくため、縁あって集ってくれた仲間達と一緒に「何でも相談できる車屋さん」を目指していこうと思っています。





    Honda Cars 峡西
    株式会社 ホンダショップ山梨
    代表取締役 金川 健太

坪川 翔太つぼかわ しょうた/営業

幸せな暮らしを広げるために、担っていること

お客様のご要望やご不満を直にお聞きし、ご満足いただけるように努力して、喜んでもらうことがやりがいです。

幸せな暮らしを広げるために、心がけていること

第一印象を大事に、笑顔と大きな声で礼儀正しく挨拶することを心がけています。

趣味 洋服を買うこと。また、歴史好きで、お寺・城・城跡めぐりも好き。
特技 小学校3年生からずっと続けていた野球、社会人サッカーなど。
長所 周りから見れば大変な状況でも、楽観的に捉えられること。
短所 後先をあまり考えないこと。

中澤 昇なかざわ のぼる/工場長

幸せな暮らしを広げるために、担っていること

お客様とのコミュニケーションを大切にし、お客様の立場に立ったアフターサービスを行う役割を担っています。

趣味 ドライブ
特技 人を笑わせること。
長所 責任感が強いこと。
短所 ちょっとおっちょこちょいな部分もあるかもしれません。

飯野 一暁いいの かずあき/サービススタッフ

幸せな暮らしを広げるために、担っていること

日々の整備を通して、トラブルを未然に防ぎたい。だから、お客様のお話をお聞きして、ポイントを見つけ出します!

幸せな暮らしを広げるために、心がけていること

故障で再入庫などということがないように、お客様のご指摘以外の部分も視野に入れて、必要なら、予防につながる整備もお勧めしています。

趣味 こう見えて(?)、休日は料理してます!
特技 洋食が得意です。
長所 人あたりが良く、話しやすいところ。
短所 口数が少ないところ。

中澤 進なかざわ すすむ/サービススタッフ

幸せな暮らしを広げるために、担っていること

お客様からご要望いただいた点検項目だけではなく、タイヤの空気圧などの予備整備を行うなどして、毎日お使いいただくおクルマの安心をご提供させていただく役割を担っています。

幸せな暮らしを広げるために、心がけていること

季節に合わせた車の点検項目を常に気にかけて整備させていただくことを心掛けています。

趣味 ツーリング。サッカー
特技 スポーツ
長所 人当たりが良い。
短所 あわてんぼう

横内 悟よこうち さとる/サービススタッフ

幸せな暮らしを広げるために、担っていること

お客様が安心・快適なカーライフを過ごしいただく為に、クルマの楽しみ方をアドバイザーとしての役割をになっていると思います。

幸せな暮らしを広げるために、心がけていること

何事も「気づき」を大切にしています。例えばお客様との会話の中での「気づき」、整備を通じての「気づき」。先輩からのアドバイスから「気づかされる」ことなど、一つ一つの気づきを通じて自分を成長させていくことができるので、一瞬一瞬の「気づき」を大切にすることを心掛けています。

趣味 バイク クルマいじり
特技 周囲の場をなごませること。
長所 日々の段取りをうまく組立ながら仕事を進めることができることが長所です。
短所 長期的な視点でものごとを見ることが比較的苦手です。

三井 君夫みつい きみお/サービススタッフ

幸せな暮らしを広げるために、担っていること

お客様に安心・安全なカーライフを提供する為の整備をさせていただく役割を担っていると考えています。

幸せな暮らしを広げるために、心がけていること

スピード・正確さ・丁寧を常に心掛けています。スピード=今までの経験を活かしお待たせしない整備、正確さ=部品を付ける際は常に作業内容を確認しながら作業を行う、丁寧=作業一つ一つに注意を払って作業する。

趣味 映画鑑賞 クルマいじり スポーツ全般
特技 中国語
長所 元気で明るいところ
短所 ちょっとおおざっぱなところ

斉藤 謹二さいとう きんじ/サービススタッフ

幸せな暮らしを広げるために、担っていること

49年間、整備の仕事をしている中で、お客様の大切なカーライフの安全を担っていると考えています。お客様に満足していただく整備を終え、出庫する際に「ありがとう」というお客様の言葉が一番うれしいです。

幸せな暮らしを広げるために、心がけていること

100%の整備の為に、最終チェックを必ず行うことを心がけています。いつでも原点に戻って整備に努めています。

趣味 クルマいじり、畑しごと、音楽鑑賞
特技 野菜や花の世話
長所 一つのことを継続しつづけること
短所 人見知りなところでしょうか

宮下 強みやした つよし/サービススタッフ

幸せな暮らしを広げるために、担っていること

今は覚えることが沢山あるので、日々いろいろなことを学び、お客様のお役に立てるような存在になりたいです。今の仕事が洗車やショールームの清掃なので、ご来店いただくお客様に気持ち良く過ごしていただけるようお役に立てればと思います。

幸せな暮らしを広げるために、心がけていること

まずは一つ一つ覚えていき、それを確実に実行していくことだと感じています。
その中で自分自身の心掛けなければいけないことを積み上げていきたいと思います。

趣味 木工(猫の小屋など作りました。)、音楽鑑賞
特技 ギター、ハーモニカ、ダンス
長所 携帯の番号は覚えること
短所 比較的不器用なところ

石原いしはら/事務スタッフ

幸せな暮らしを広げるために、担っていること

お客様にとっても従業員にとっても、スムーズに気持ちよくお仕事ができるように、お茶出しや電話応対など、事務系の仕事を担っております。

幸せな暮らしを広げるために、心がけていること

何事も、人が気づかない細かいところまで気を配るようにしています。頼まれたことだけではなく、その背景にある要望を満たすよう、常に心がけています。

趣味 絵を描くこと、音楽を聴くこと
特技 絵を描くこと、ドラムやってました!
長所 人の気持ちを良く考えること
短所 すぐ緊張してしまいます